01くつしたの町、受け継ぐ歴史

日本有数のくつ下の産地、兵庫県加古川市。
播磨平野の真ん中あたり、豊かな自然に囲まれたこの地で、約半世紀にわたってくつ下づくりに邁進してきました。

02
UNIVAL だからできる事
一般医療機器製造

新たに開発した編み構造や短納期の供給ペースに対応する為、海外製の最新型編み機を順次導入。
そこに独自の編みたてを実現する為に社内で改良を重ねていきます。年季の入った繊細で精密な編み立てを要するくつ下の製造には、編み機の構造が大きく関わることから、培ってきた編み機に対する知識も当社の重要な技術力の一つです。
また令和2年6月に医療機器製造業登録証を自社工場(本社)で取得(登録番号28BZ200186)し、今までの知見を生かした新たな医療分野での製造にも参入しました。

03研究開発・共同研究

信州大学との共同研究契約
高度な感覚の数値化や学術的な見地からの検証など、より充実した研究体制を整える為信州大学繊維学部と共同研究契約を結んでいます。日々の商品開発につなげ、テーピング理論の応用、着圧と動作性の研究結果などから特許取得や製品化を実現しています。

04企画提案力

特許構造機能性商品をはじめとし、様々なシーン・ライフスタイルに合わせた商品の提案を自分たちで考え、または一緒に考え、様々な価値を生みだすことに全力を尽くします。

  • テーピングソックス(特許No.第4295325号)

    テーピング理論に基づいた特殊構造。伸縮性のある糸で編み上げ、足首をナチュラルにホールドし、X型(フィギュアエイト型)に土踏まずまでサポートします。けがの防止や疲労軽減に効果があります。

  • ハニカムテーピングソックス(特許No.第6268238号)

    ハニカム(ハチの巣)をイメージさせる六角形が並ぶ構造。6方向からソフトな絞まり具合と同時に高い耐久性を実現しました。

  • バックプレス構造(特許No.第6257860号)

    ふくらはぎに部分的に高い加圧を加える構造で、筋肉を包み込むように持ち上げ、シェイプアップ効果を実現しました。